趣味と日記を中心に、適当に綴ってるからきっと思い込みだらけだろうなァー


by yagugoma
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

「世界の人々はあの映像を見て──“怖いね”と言うだけでディナーを続ける。」

昨日見ていた映画「ホテル ルワンダ」の台詞。。。
現地に赴いていた戦場ジャーナリスト・カメラマンのものである
一人のホテル支配人の英雄的行為を綴った映画のようなんだけれども、それは当てにしていた西側の大国の軍事介入が無くなった故にそうならざるを得なかったというだけなんである
当てが外れた理由に当時ソマリアで失敗していたアメリカ・国連が第二のソマリアを恐れたということもあるだろう
が、しかし一番の理由は表題の台詞に集約されている
世論はなかなか対岸の火事を実際のことと捉えられないのだ
国連が去り、虐殺の続くルワンダでホテルの支配人ポールは1200人の命を、仕事で培った話術や賄賂幾度と無い危機を切り抜け守っていく・・・

ワガハイこの映画を見ながら涙が止まらなかった
いや、本来泣くような映画じゃないんだと思う
感動の涙じゃなく絶望の涙だった
わかっていたはずの無力さを殊更に実感させられたことへの絶望。。。

イエスはそんな時隣人を救えと説いたが釈尊は諦めろと、やれることをやりなさいと説かれた
ワガハイは仏教徒で、救いに走ったところで何も出来ないということをわかっていてもやはり溢れ出る涙を堪えることは出来なかったんである

この映画、公開され瞬く間に世界で好評を博したが日本では配給会社の買い手がつかずなかなか公開に至らなかった
だが、この映画を知っていた有志がその事実を知ってインターネット等で署名運動を展開
そしてようやく公開されたという経緯がある
彼等は出来ることをやったんである
そしてワガハイの仕事である急送業もきっとこの日本での公開劇に少しでも役立ったはずと信じている

自身、そう信じて救われようとしているのか、それともやはり感動の涙だったのだろうか・・・

d0007150_15333726.jpg

ホテル ルワンダ
d0007150_1523071.jpg

にしても主演のポール役、ドン・チードルは良い俳優さんれすねぇ。。。
ERでも良い演技してますた

興味ある方は↓
http://www.hotelrwanda.jp
[PR]
by yagugoma | 2006-12-10 15:28