趣味と日記を中心に、適当に綴ってるからきっと思い込みだらけだろうなァー


by yagugoma
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

6月26日、午後から雨はパラつき・・・

Zzz…

ドタドタドタ・・・

「おじさんが変だ!おじさんがおかしい!」

あぁ?
いつものことじゃんか
またばーちゃんが変なこと言ってんなァー

ってあれ?
なんでおじさんそんなとこでぐったりしてるん?
顔青くね?
具合悪いんかなァー

チョイマテ
呼吸してねー!!!!
脈もねー!!!!

「ばーちゃん救急車呼んで!!!!」
「救急車って110番だっけ?」
「ええいよこせ!!!!電話貸せ!!!!」

くっそー人工呼吸のリズム忘れたあああああ!!!!
ヤケクソだ!!!!

1 2 3 4 5!1 2 3 4 5!
ふーっ!
1 2 3 4 5!1 2 3 4 5!
ふーっ!

ピーポーピーポー

「はい、もういいですよ!後は我々に任せて質問に答えてください!」

・・・

「手を尽くしましたが反応がありません・・・死亡時刻は10時37分です」

やっぱダメだったか・・・
発見したときにはもう全身真っ青で、もし一命を取り留めたとしても脳に障害が残ったりしていたかもしれない
それでも一縷の望みにかけてうろ覚えの心配蘇生術を行ったが結果は最悪のものとなってしまった
最善で後遺症、最悪でこの展開。。。
遺体を霊安室へ移すとお線香をあげてやってくださいと促され3本の線香に火をつけ立ててあげた
顔に被さる白い布を取り改めておじさんを見ると涙がボロボロと出てきた
「なんだよ、もう説教聞けねーじゃんか・・・」

救急車へ同乗し死亡確認を取ったワガハイは打ちひしがれるばーちゃんに代わり方々へ連絡を取った
姉であるワガハイのかーちゃん、おじさんの兄に弟、そして仕事仲間へ
連絡が付いた親戚やかーちゃんは口々にやぐごま色々ありがとうと語った
発見が遅かったのでしょうがなかったがワガハイとしてはそれでも一命を取り留めて欲しかった
力の及ばなかったワガハイは悔しさで心をいっぱいにしていた
それから葬儀屋さんから葬儀の説明を聞き、警察の事情聴取を受け死亡診断書の作成まで付き添った
死因は脳出血
精査な検査ではないので脳のどこからなのかはわからないが髄液に血液の混入が認められたとのこと
結局ワガハイがどうしようとこの結果だったか・・・

6月26日、午後から雨がパラついた今日ワガハイのおじさんは本当に急に逝ってしまった
元々高血圧とは言われていたが前兆らしい前兆はなかった
大酒呑みだったがコレといった病気もなく割と元気に毎日暮らしていたのに・・・
40年近く前、おじさんは東京へ遊びに行くと言って青森を飛び出しそのまま東京に根を張った
たまに帰ってきては語る土産話と垢抜けた雰囲気に幼かったワガハイはそんな面白いおじさんの帰郷をいつも心待ちにしていた
いつの間にか東京は偉いってなってたみたいだけどw
でも仕事一筋でずーっと頑張り通してきたのは確かだった
それから人付き合いをとても大切にする人でそれはもちろん家族や親戚にも同様であった
事実親戚の中ではワガハイ達甥っ子姪っ子を一番可愛がっていた
ワガハイが居候できないかと相談すると快諾してくれたのは知っての通り
ま、その後悶着あって引越しを早急に決めたわけだけど・・・
説教好きなのはちょっと寂しかったんかなァー?
もし子供が居ればワガハイくらいの歳だったろう
それだけに説教にも力が入ったのかもしれないなァー
それでもやっぱり根は優しい人で酔ってさえいなければ至極真っ当で物静かな人だった
いつも仕事を終えて疲れて帰ってくるのにワガハイのために一生懸命ごはんを作ってくれていた
昨日はワガハイが遅かったので顔を合わせることはなかったが、それでもワガハイのためにごはんを作ってくれていた
結局そのごはんは今日のお昼に食べたのだがこれが作ってくれた最後のごはんかと思うとまた涙がボロボロでてきた
メニューはおじさん得意のチキンのクリーム煮でとてもおいしかった

確かに疎ましくも思っていたけどそれ以上におじさんには感謝の気持ちは大きかった
始めてもらった給料で何かおいしいものでも一緒に食べに行こうと思ってたのに結局叶わなかった
「おーお前やるじゃねーか」とか言ってもらえると思ったんだけどな・・・
56歳という歳はまだまだこれから、死ぬには早過ぎる歳だ
ばーちゃんは「親より先に死ぬなんてホントに親不孝もんだよ!!!!」とずーっと繰り返している

しかしまた見送る側になってもうたか・・・
なんだろ、ワガハイの役回りなんかな?
そういう星の元に生まれたんだろうなァー
身近な人を見送り続けるって役回り
そう考えるとワガハイやっぱ長生きしなきゃならんよなァー
フゥ、ちょっち気が滅入るぜ・・・
でも、ワガハイのおじさんってコレコレこういう人でずいぶん助けてもらったんだYO~と後世に語り継がなきゃいけない大事な役だ
おじさんの「やりたいことができるように頑張れ!」って言葉を胸にワガハイは生きていく
そしていつか向こうに行ったときに「フンッこんだけやりたいことやってきたぜ~」って胸張って言ってやるんだ!!!!
そしたらいつか言ってた一緒に呑みに行く約束果たそうNE!!!!
もちろんワガハイの奢りだYO~♪
それまでしばらくかかりそうだけどゆっくり休んで待ってて
必ず行くからさ

今までホントにありがとう!!!!
それじゃまたね!!!!
ノシ
[PR]
by yagugoma | 2010-06-27 01:46