趣味と日記を中心に、適当に綴ってるからきっと思い込みだらけだろうなァー


by yagugoma
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

<   2006年 12月 ( 4 )   > この月の画像一覧

ま、今年の総括をということなんだけど初めの方はほとんど覚えてないwww
今年のブログ一発目の記事を見ると「2005年は出会いの多い年だったけどその出会いを深められたらなァーと思うのだ」とある
フム
その点については合格じゃw
出会った人達とよく呑んだなァー
以前は月に一度も呑みに行かなかったことなんて多々あったけど今年は月三回は朝までコース。。。
幾ら使ったことやら^^;
とは言え楽しかったから良し!!!!!

今年の記事読んでたら現場レポやっぱ多い
ホント楽しかったなァー
その多くは(ってか全部かw)山梨県人と行ったんだけどいつも誘ってくれて感謝感謝!!!!
また来年もこうやってコンサやイベ行けたらなァーと素直に思う。。。
あとは趣味的な話ばっかですな
で、最後の最後に仕事から外されるというオチw
ただ、先輩初め仕事仲間みんなに慕っててもらえてたってのを再確認できて、その点では良かったのかもしれない。。。
そういや美術館良かったなァー
企画展なんかだと、かなりお客さん多かったから常設展狙いで行った方がゆっくり見れていいかも
また近いうちに行きたいなァー
こうして見ていくと割と趣味の充実した一年だったかなァー
来年はどうなるやら・・・^^;

じゃーシメに今年の一枚でも!!!!!
d0007150_2255733.jpg

ゴマァ━━━;´Д`━━━ン!!
[PR]
by yagugoma | 2006-12-31 02:33
リーダー「あぁ、ありがとう・・スマン・・・」

やぐごま先週の金曜日で突如仕事から外されますたwww
ワガハイの仕事はメッセンジャーなんだけどメッセンジャーって自転車で走り回る以外にも色々役職があるのだ
で、ここ2年くらい本社内勤してたんだけどクビになってしまったのですた
そもそも現リーダーにヘッドハンティングされて本社に行っていたのだが、上からの一方的な通告により現役職から解雇と・・・
で、冒頭の会話
仕事が終わって去り行き際の最後の会話。。。

くぅ~決まったw
我ながらカコイイw
さっと踵を返し振り返ることなくその場を後にしたのですた

ところで理由はヘマをやらかしたわけでも、要らない人間と評されたわけでもないらすぃ
理由はどうあれこうなったのは事実なんで受け止めるしかないんだなァー
ま、ちょっと本社の上のやり方にも辟易としてたんで良い機会っちゃ良い機会なんれすけどね
www

あ~
しかし色んなプロジェクトやりっぱなしだったけどどうしよ・・・
周りに意図は伝わってたようだし大丈夫か。。。
折角仲良くなった女の子達ともなかなか会えなくなっちゃうなァー・・・
他にも収入減とか色々問題山積みw
引越ししたかったけどこりゃできねーなwwケケケwww
とは言え、自由な時間が増えるのは確実
どちらかと言えばお金より時間が欲しい人間なのでその点は素直に嬉しい

フム
新しい仕事探すかァー
d0007150_250541.jpg

ごちん・・・
d0007150_2544599.jpg

美貴様・・・
[PR]
by yagugoma | 2006-12-24 02:55
昨日見ていた映画「ホテル ルワンダ」の台詞。。。
現地に赴いていた戦場ジャーナリスト・カメラマンのものである
一人のホテル支配人の英雄的行為を綴った映画のようなんだけれども、それは当てにしていた西側の大国の軍事介入が無くなった故にそうならざるを得なかったというだけなんである
当てが外れた理由に当時ソマリアで失敗していたアメリカ・国連が第二のソマリアを恐れたということもあるだろう
が、しかし一番の理由は表題の台詞に集約されている
世論はなかなか対岸の火事を実際のことと捉えられないのだ
国連が去り、虐殺の続くルワンダでホテルの支配人ポールは1200人の命を、仕事で培った話術や賄賂幾度と無い危機を切り抜け守っていく・・・

ワガハイこの映画を見ながら涙が止まらなかった
いや、本来泣くような映画じゃないんだと思う
感動の涙じゃなく絶望の涙だった
わかっていたはずの無力さを殊更に実感させられたことへの絶望。。。

イエスはそんな時隣人を救えと説いたが釈尊は諦めろと、やれることをやりなさいと説かれた
ワガハイは仏教徒で、救いに走ったところで何も出来ないということをわかっていてもやはり溢れ出る涙を堪えることは出来なかったんである

この映画、公開され瞬く間に世界で好評を博したが日本では配給会社の買い手がつかずなかなか公開に至らなかった
だが、この映画を知っていた有志がその事実を知ってインターネット等で署名運動を展開
そしてようやく公開されたという経緯がある
彼等は出来ることをやったんである
そしてワガハイの仕事である急送業もきっとこの日本での公開劇に少しでも役立ったはずと信じている

自身、そう信じて救われようとしているのか、それともやはり感動の涙だったのだろうか・・・

d0007150_15333726.jpg

ホテル ルワンダ
d0007150_1523071.jpg

にしても主演のポール役、ドン・チードルは良い俳優さんれすねぇ。。。
ERでも良い演技してますた

興味ある方は↓
http://www.hotelrwanda.jp
[PR]
by yagugoma | 2006-12-10 15:28

やぐごま美術館へ行く

土曜日に上野の美術館に行ってきますた

毎年このシーズンになるとやってくる義理の兄上からの指令
「年末ジャンボ買って来い」
遡ることさらに前の週、トコトコと電車に乗ってやぐごまは年末ジャンボを買うべく有楽町を目指していたのですた
で、普段は乗らない山手線の広告がふと目に付いたと
「ベルギー王立美術館展」
普段から権力に弱いワガハイ
「王立」
の文字にグラっと来て、挙句広告に使われてたのはマグリットの「光の帝国」(多分勝手に載せると後が怖いのでイメージGoogleあたりで探してちょ)
で、やぐごまガツーンとやられ、行きたくなったのでありました

さてはて土曜の朝にとりあえず上野へ
来たことが無いわけじゃないけど上野って街もまた独特な空気がありますな
上野公園は季節ごとに紅葉や桜が綺麗な立派な公園であります
雰囲気は良いからマメに来たいんだけど如何せん遠い。。。
で、寝不足で腹が減っていたワガハイは少しでも体調を良くしようと真黄色のイチョウの下で缶コーヒーとパンにかじりつく
喫茶店探しても良かったんだけどすでに結構人が居たしイチョウが綺麗だったんだなァー
黄色の葉が降り注ぐ中アチアチはむはむ。。。
さて、と腰を上げて美術館入り口へ
で、ビックリ!!!!!
並んでる!!!!!!
入り口付近にあった呼び物の「イカロスの墜落」の前はスゴイ人だかりだったけど中に進むにつれてそこそこゆっくり見れるように・・・
ちなみにワガハイ美術知識一切ねーのれすw
難しい顔を作って知ったかぶりしつつ眺める
ま、難解な作品もあるけど多くは見たまんま唸れる作品がほとんど
秋を描いた作品には望郷の思いを、超現実を描いた作品には感嘆を・・・
そんな風に時間を忘れて楽しむワガハイだったのれすが腰が限界を迎えたので出ることに
あたりはすっかり暗くなって人形師が路上パフォーマンスをしていたのでポケーと見る
そして上野を発ったのれすがどうも疲れてたらしく降りる駅を寝過ごし山手線を2周・・・

ウム
たまにこういうとこに行くのもいいもんれすねぇ・・・
[PR]
by yagugoma | 2006-12-05 00:59