趣味と日記を中心に、適当に綴ってるからきっと思い込みだらけだろうなァー


by yagugoma
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

カテゴリ:レビュー( 5 )

「pixiv年鑑2010」と「pixivガールズコレクション2011」
d0007150_22534692.jpg

お絵かきサイトpixivから選りすぐった作品、絵師を集めた正しく年鑑
売り文句は「収録数1000点!ページ数272ページ!本の重量1kg超!」
いや、重さはウリじゃないだろw

さておきpixivとは簡単にお絵かきサイトと紹介しちゃったけど実は画像投稿機能の充実したSNSなんだなァー
pixivはもうかなり大きくてスポンサーを募って企画という名のネット画展を開催して、その描き手もイラストレーター、萌え絵師に止まらず3DCGクリエイターや漫画家なんかも名を連ねる一大サイトとなってるんだなァー

題材はやはり創造意欲を掻き立てられるのか初音ミクを初めとしたボーカロイドネタ、萌え絵が多いけどそれだけじゃない!!!!
何コレ写真!?な超微細画や突然現れる風景画に静物画とまったく飽きさせない
この辺は発行元のエンターブレインの手腕なのか実にバリエーション豊か
まるで現代画展の図録を見ているかのようでとても楽しい

現代日本アートっていうと何か意味わからん殺風景な机の上に鉛筆刺さった食いかけのりんご置いてあったりして「現代人の孤独を表している」みたいな感じでハァ?なんだけど(こないだ新宿駅で宣伝してたのが実際そんなだったw)pixiv年鑑を見る限り現代日本アートも全然捨てたもんじゃないなァーと
捨てたもんじゃないどころか素直に五感に訴えてくる良さがあると思ふ
美への欲求、美しいものの持つ力、現実にはありえないだろうけどそれを確かに表現する力
そういうものが伝わってくるんだなァー

でもってもう一冊「ガールズコレクション」は完全にモチーフをおにゃのこに絞った一冊
ま、確かに良い
けど発売のコアマガジンなのか編集のせいなのかなんか余計な情報が多い
無駄な余白が多い
モチーフを絞ってるせいかジャンルの幅というか多様さがない気がする
まー悪くないけど一画家の展覧会行くとけっこうどうでもいい習作を延々見せられてる感覚に似てるw
そりゃいくらセザンヌでもフェルメールでも鉛筆でチョチョっと描いただけの下書きよりさらに前段階延々見せられてもねぇw
あ、いや、あくまで絵のクォリティはさすがで素晴らしいんだけど本としてみたときの構成というかの感覚としてNE。。。

ってな感じでやぐごまのオヌヌメは断然「年鑑」の方
若手(なのかわからんけど)アーティスト、クリエイターの実力をまざまざと見せつけられて圧倒されるもよし!心を打たれるもよし!世界に引き込まれるもよし!
アート好きなら必見の一冊!!!!

あ~早く2011年版年鑑出ないかなァー><
[PR]
by yagugoma | 2011-04-27 01:43 | レビュー
珍しい季刊の漫画誌「ゼラチン」
d0007150_2256104.jpg

季刊ゆえ一話完結の物語が多いんだなァー
執筆陣もあまり漫画誌では聞かない名前が並ぶ
カテゴリ的にはイラストレーター、所謂絵師が多い
なので物語の切り口が独特

漫画といえばやはり緻密に練られた設定、読者をアッー!と言わせる展開、はたまたベタから斜め上を行くギャグが見所だと思うんだけど、元々畑が違う執筆者が多いゼラチンはどの漫画にしても良くも悪くも独特

よく言えばアート的
悪く言えば延々とPVみたいなの見せられてるような・・・

紀里谷和明の「キャシャーン」とかDMXとNAS共演のハイプ・ウィリアムズ「BELLY」みたいな感じかなァー
ちなみにワガハイ「キャシャーン」も「BELLY」も結構好きなんだけどNE~

で、この「ゼラチン」ワガハイの大好きなTNSK氏が漫画書いてるってのがそもそもの購入動機なんだけど実に満足いく内容!!!!
萌えとも美麗とも違うTNSK氏の独特なミニマルな画風とそれに合わない(w切ないお話・・・
これはイイですYO!
すごくイイ!!!!
ますますファンになってしまったワガハイなのですた

年4回しか刊行しないしお値段も1600円くらいで結構張るけどぜひ見てみてくださいなァ~♪

続いて
d0007150_22562587.jpg

左「鬼灯さん家のアネキ」
右「ベルベットキス」

「鬼灯さん家のアネキ」は本屋さんで結構プッシュしてたので思わず買ってもうた
アネキがカワイイ4コマ漫画

連れ子なのかなんなのか血のつながっていない姉弟が織り成すただの日常系漫画
主人公である「弟」はアネキ大好きマジ惚れ中で「アネキ」はそれを知ってて色々なイタズラに精を出す
そのうちに二人はお互いに・・・な展開にはなりそうでなってないけど、とっても大事な存在には違いない様子
ま、そんな深読みするような漫画でもなくサラリと読めるあくまで「日常系」
正直連載初期は絵がイマイチだったけど最近の連載分はなかなか
「アネキ」が実にカワイイ♥
シスコンなワガハイには最高の一冊w
4コマじゃなきゃもっと良かったのになァーと思う「けいおん!」好きのワガハイだったのですた

「ベルベットキス」はアキバblogなるサイトで紹介しておったチョイエロ漫画
ストーリーテリングに定評のある池上・・じゃなかったハルミチヒロ氏(女史?)の作品
正直画力に惹かれて買った
後悔はしていない
女の子カワイくなかったら買ってない
ってくらい今のところ話はよくわからないってか物語としては弱い
逆に言えばそのくらい女の子カワイイ
これからに期待
っても刊行ペースかなり遅いんだよなァー
ちなみに発行部数もそれなりだと思うんだけど結構売り切れ続出の人気作品らしい

最後は「TSF物語」
18禁エロ漫画でっす><
d0007150_033613.jpg

こちらはアヘ顔に定評のあるいけが・・じゃなかった新堂エル先生(しつこい><)
内容的にはエロ漫画なのでくぱぁでひぎぃで悔しいっ・・・ビクンビクンです
さておき新堂エル先生この絵柄で日本人じゃないらしいです
何人なのか知りません
まーだからなんだって話なんだけどw

って具合で懐がヤバイヤバイ言いながら漫画を買いあさるやぐごまだったのですた
[PR]
by yagugoma | 2011-04-26 00:37 | レビュー

チョーカッコイイジャケ

d0007150_0277.jpg

Men Of Vizion(1999年)
実力を認められながらイマイチブレークしなかったグループ
このアルバムも光る曲はあるものの全体に軽い作りでまぁそこそこの売り上げで終わった

でもジャケカコイイ
やっぱマイクだな
[PR]
by yagugoma | 2011-04-14 00:06 | レビュー

パラゴン

ヒマ潰しにヒサブリに新宿オーディオユニオンに行ってみた

そしたらなんとJBL「パラゴン」が置いてあった!!!!
d0007150_226297.jpg

何コレ?
テレビ台?

いーえこれはれっきとしたスピーカーシステムなのです!!!!
内部構造はこうなっとります
d0007150_2281126.jpg

心の汚れた人が見るとM字開脚してるみたいに見えますwww

ここでちょっとこの時代までのJBLの歴史みたいなものを
JBLというスピーカーブランドは創始者ジェームス・B・ランシングの頭文字から来ております
このジェームスさん音響技術者として恐らく最も有名な人で、元々アルテック・ランシングというところでPA(劇場・ホール用)スピーカーを作っておりますた
代表作A7
d0007150_22144964.jpg

いかにもPAっぽい無骨な感じ

アルテックで成功を収めたジェームスさんは前々から思っていた「家庭用の美しいスピーカー作りたいなァー」という野望を抱いて独立
それがJBL
ジェームス独立の理由となっただけにこの年代のスピーカーは家具調でみんな美しい

ハーツフィールド
d0007150_22202513.jpg

豪快な滝を思わせる造型

オリュンパス
d0007150_22222699.jpg

瀟洒に誂えられたような棚のようなスピーカ

そしてパラゴン

独創的なのはカタチだけでなく音も然り
そりゃ現代のスピーカーに比べたら低音はボワつくし高音は伸びないし定位も甘甘。。。
ピアノはなんか妙に色付けされてるし弦だって艶やかってほどでもない
でも不思議なホールトーンがあってワガハイは懐かしい気分を味わった

ワガハイのかーちゃんは教育にとても熱心で、なけなしのお金でよく市の公会堂へ演劇やコンサートを見せに連れてってくれた
ワガハイたち姉弟はその後の外食のほうが楽しみだったがw
そんなむかーしのホールの音
懐かしいホールの音
太いグランドピアノの音と少し痩せたヴァイオリン
顔を横へ向けると熱心に耳を傾けるかーちゃんと「ホラ、あんたちゃんと見なさい」と嗜めるねーちゃんの顔が見えてきそうだった

丸々2曲、時間にして15分くらいかなァー
その場にじっと立って聴いていた
ユニオンの店員さんはどうせ買えるわけなかろうと思ったのか最後まで声をかけてくることはなかった
ってここの店員まず声かけてくることないけどwww
値段は付いてなかった
まだ査定中なのか売る気はないのか・・・

試聴ばかりとは言え高級機も聴いてきたワガハイには相当なカルチャーショックだった
今まで聴いてきた高級機はたしかに良い音するけどここまでショックを受けさせるモノはなかった
ショックというか涙腺が綻びるほどの懐かしさかな?

お近くの方はぜひ覗いてみてNE~♪
オーディオユニオン新宿店
[PR]
by yagugoma | 2011-04-03 22:45 | レビュー
d0007150_21244929.jpg

ワガハイの愛用ヘッドホン、ドイツULTRASONE「HFI-580」とウォークマンS-756(32G)

ヘッドホンにハマってしまった
ワガハイ自由に動けるし、何より音が部屋中に広がるので元々スピーカー派で、外用にはアメリカKOSSの「THE PLUG」という安イヤホン使ってたんだけどハマった
ちなみに「THE PLUG」は安いし遮音性も高いしちょっとイジれば面白い音を出すのでとてもオヌヌメ

なぜか?
それはヘッドホン娘萌えという属性が追加されたのだ!!!!
この澪をよく見てほしい!
d0007150_21323876.jpg

ぐぉ~激萌え从*´ Д `)ハァハァ
そして再掲フジシマ氏のヘッドホン娘
d0007150_21412951.jpg

ぐぅぉぉぉおおおおお!!!!

そして忘れちゃいけない初音ミク
d0007150_21511029.jpg

うぉぉぉおおおみっくみくにされたああああ!!!!
ってこの拡張版「アペンド」はヘッドホンしてないしw

あ~ヘッドホン娘萌え~
なぜにおにゃのこ+デカイヘッドホンはこうも萌えるのでせうか?
む~わからん
く、悔しいっ・・・!ビクンビクン

最後にドイツ御三家(+1)ヘッドホンレビュー
ULTRASONE:ビシンッ!バシンッ!ドスンッ!ガチンッ!硬くてビッキビッキくる音
音が全方位から襲ってくる
でも襲ってくるけど突き刺しはしないんだなァー
刺さるような鳴りは少ないと思ふ
打ち込み系にピッタリと言われるのもうなずける
S-ROGICっていうスピーカーから聞いてるように音を出す技術搭載
実際はそうでもないと思う
ULEという電磁波を98%カットする謎技術搭載
側圧高め慣れるまで痛いかも
@HFI-580

d0007150_23263788.jpg

さらにバキン!ドゴン!おらっ出てこいや!
もっと積極的に襲われる
@PRO900

d0007150_2327167.jpg

ゼンハイザー(持ってないから試聴で):フワァ~って感じ
柔らかい音が包み込んでくる
アコースティック系が得意らしいけど確かに
側圧弱め
@HD598、HD650

d0007150_23273883.jpg

なんか未知の音響機材で音楽を聴いている
え!?こんなところから音!?ちょ、ちょっと待って・・・ひぎぃ
@HD800

d0007150_2328070.jpg

ベイヤーダイナミック(これも持ってない):シュウゥイーン!チュウゥイーン!キィィィイイーン!
突き刺さる高域
シュピーン!トスントスン!
軽やかな低域
ジャンルは選ばないんじゃないかなァー?
側圧弱め
@DT770~990

d0007150_2328182.jpg

かけ心地よし
正直印象ない
ワガハイには合わないんでしょう
@T1、T5p

d0007150_23283776.jpg

AKG(これも試聴):くぉ~ん♪
広がりのいい音
ターンタターン♪
音量ガンガン上げても破綻しない軽やかな低音、ザラつかないボーカル
高音が綺麗らしいけどワガハイの持ってるCDじゃ大してわからん
伸びてはいる
むぅ・・さすが高人気&高評価機・・・と思わせる音
かけ心地よし
@Q701

印象ない
@他のAKG

さ~みんなでレッツ激萌えヘッドホンライフ!
[PR]
by yagugoma | 2011-03-27 22:31 | レビュー